2010年11月26日金曜日

(マルセイ)遊星老年パペー



PAPET J vs RIT "PAPET J POINT RIT"
パペー・ジ vs リ『パペー・ジ ポワン・リ』


 まずニュースから。
 マッシリア・サウンドシステムのライヴアルバムが2011年4月4日に出ます。CD+DVDのセットで、CDは1996年の未発表ライヴ、DVDは2008年7月のカルパントラでのライヴ映像。

 タトゥー(ムッスー・T)と共にマッシリアの双頭リーダーでMCのジャリ(パペー・J。本名ルネ・マッザリーノ)の、サイド・プロジェクトで「パペー・J & ソレイ FX」に続くアルバムです。ソレイ FXと言っても実体はバンドはないのでほとんどソロ・プロジェクト(機械じかけのラガ)であった前作に対して,今回はマルセイユ1974年生れの若きマルチ・インストルメンタリスト,Rit(リ)とのデュオです。アルバムのタイトル字の大きさや,ジャケの顔写真の大きさから判断しても、リ君の方が同格以上の目立ち方です。
 リ君の経歴を見ますと、ブルース/ロックをベースにしながら、ベナンのバンドと共にベナン,ギネア,アルジェリアなどを回ったこともあり、楽器テクとスタジオワークに長けた「ひとりオーケストラ」的なミュージシャンで,ギター使いやオーケストレーションで"-M-”(マチュー・シェディド)に近いものを感じさせます。
 アルバムは10曲めの"PAUVRE DE NOUS"(マッシリアの2001年アルバム"3968CR13"の中の1曲でジャリ/タトゥーの作品)のリプリーズを除いて,全曲パペー・J/リの共作ということになっています。タトゥー/ブルー組(ムッスー・T&レイ・ジューヴェン)に触発されたのでしょうか、ギターが良く鳴るブルース・ロックが3曲あります。(私の先入観では、ジャリの守備範囲とはちょっと違うような気がします)。
 マッシリア流儀に近い「港町シャンソン」系の9曲め「カバノン」(マルセイユ海浜地区の小別荘というよりむしろ小屋住宅)が美しいし、これもマッシリア流儀である世相批判の曲が3曲(3. "PRESSEIONS/REPRESSION", 4. "HUMANITY", 7. "A QUOI BON")。そして前述の"PAUVRE DE NOUS"(10曲め)あたりが、怒れる「マッシリアのジャリ」をモロに感じさせてくれます。
 しかしその他は、リ君と全く新しい冒険に挑んでいるような、新しいサウンドに遊ぶジャリの顔です。そりゃあマシーンだらけのラガ仕立てだった「ソレイFX」に比べたら,たいへん多種多様な音楽で、ひとえにリ君の力なんでしょうが、そのヴァラエティーにおいてはムッスー・T&レイ・ジューヴェンとレヴェル的に近いように思えます。願わくば,パペー・ジャリがもっとはっきりした主導権を発揮してくれないと、リ君のサウンド遊びにジャリのキャラクターが希薄化されることになりかねません。
 終盤4曲(9-10-11-12)すべて好きです。

<<< トラックリスト >>>
1. RUELLES
2. FIN DE SEMAINE
3. PRESSION / REPRESSION
4. HUMANITY
5. SUR CETTE TERRE
6. JE REVE
7. A QUOI BON
8. VOODOO CHILD'S
9. CABANON
10. PAUVRE DE NOUS / POURQUOI? (VERSION 2010)
11. HEY GUS
12. JE M'ESCAPE

PAPET J vs RIT "PAPET J POINT RIT"
CD ROKER PROMOCION RP1003
フランスでのリリース 2010年10月18日



(↓)『パペー・ジ・ポワン・リ』のオフィシャル・ヴィデオクリップ "FIN DE SEMAINE"

Fin de semaine - PapetJ.Rit | Clip officiel
envoyé par visiontrouble. - Regardez la dernière sélection musicale.

2 件のコメント:

OKI さんのコメント...

昨夜コメントして寝たつもりでしたが認証されてなかったようで。。。Encore!
待ってました!年末になるとなんか悲しいニュースが多い気もしますが、こうしてうれしいニュースと早くききたい新譜情報を目にすると元気でますね。マルセイユにいるときからPAPET J vs RITの露出は地元だけあってTVやラジオでかなり大々的にされてましたよ。パリではどうですか?確かにFIN DE SEMAINEのビデオ見てるとムッスーTと重なるとこありますよね。マルセイエーズたちがライヴで大きな声で歌ってる姿が目に浮かびます。早くライヴみにマルセイユ行きたい、いや帰りたいです!!

Pere Castor さんのコメント...

この春から出る出ると言われていて、やっと出た1枚。ジャリ爺のアルバムって思って聞くと、「あれ?」と肩すかし。パペー・ジに対するリ(マルセイユのラジオでは"リット"と聞こえる時あり)君のポジションは、タトゥーに対するレイ・ジューヴェン(ブルーひとり)の浸食率よりも大きいので、ひょっとしてジャリさんってゲスト?と思わせる曲もあります。もっともっとパペー・ジが前に出て欲しい。

このブログ(読めないくせに)、きのうからマルセイユからのページビュー14件。 Aioli à Marseille!