2011年4月12日火曜日

アヨーリ! みんな達者でなにょーり!



MASSILIA SOUND SYSTEM "LIVE E LIBERTAT"
マッシリア・サウンド・システム 『ライヴ&リベルタ』


 マッシリア・サウンド・システムの新ライヴ盤はDVD+CDというフォーマットです。DVDが『ライヴ&リベルタ』と題され,2008年7月30日,カルパントラ(PACA地方,ヴォークルーズ県)でのライヴ映像です。CDが『いたるところにワイをぶちまけろ』と題された1996年にマルセイユ,ピュイラギャルド(ミディ=ピレネー地方,タルヌ・エ・ガロンヌ県),アルル(PACA地方,ブッシュ・デュ・ローヌ県)の三つの町で収録されたライヴを編集した16トラックCDです。題名から見てもわかる通り,メインは2008年DVDで,1996年CDはボーナス扱いです。
 3つ開きのディジスリーヴ装のパッケージングの両翼を開くと,真ん中にリュックス・Bの顔があり,「マルセイユの道化師,リュックス・B(1961-2008)の記念に」と献辞がプロヴァンサル語で書いてあります。
 右の袖に入ったCDにはリュックス・ボテがMCとしてクレジットされ,左の袖に入ったDVDにはそれがありません。2007年のスタジオアルバム『ワイ&リベルタ』(日本題『ワイと自由』)の録音の頃にリュックスは病床にあって録音に参加できず,2008年7月18日に亡くなったので,このDVDのコンサート(7月30日)はその直後のものになります。お弔いライヴです。

 DVD『ライヴ&リベルタ』は,それまでバラバラにサイドプロジェクト(パペー・J&ソレイFX,ワイスター,ムッスー・T&レイ・ジューヴェン)で忙しかったマッシリアの3人(本来ならば4人のはずだった)のMCが再びガッチリ組んで作ったスタジオアルバム『ワイ&リベルタ』のレパートリーでのコンサートライヴです。バンド登場前に場内にワイスターの2006年アルバム『ルールドへ行け!』の中の1曲"Les Fracas de la Plaine"(ヴォーカル:リュックス・B)が流れ,それを神妙に聞いたあとでムッスー・T,ジャリ・パペ・J,ガリのMC3人がステージに駆け上がり,"Massilia Fai Avans"(マッシリア前進せよ)でコンサートがスタートします。
 アルバム『ワイ&リベルタ』の曲順に沿って進行する(例外はタイトル曲でタトゥー作の「ワイ&リベルタ」で、ショー後半の盛り上がり部分に待ち受けています)ライヴは私がパリのバタクランで見たものと同じですが,パリでするのと「南」でするのでは,こんなに違うものか,と思わせるいい感じのバイヴレーションです。サイドプロジェクトではあまり目立つことがなかったジャリ・パペー・Jが,マッシリアでは声量にしてもMCにしても一番目立って元気,ということがひとつ,逆にサイドプロジェクトで最も成功しているタトゥー・ムッスー・Tが,マッシリアでは控えめになってしまう,という2点がこのDVDでははっきり見えます。DJカヤリックのターンテーブルも見せ場あり,ブルーのギターはスタジオ盤の千倍は良く鳴ります。私は『ワイ&リベルタ』の解説で,それらを見事にまとめているのはジャリとタトゥーというカリスマに挟まれた若いガリ・グレウの度量ではないか,と書きましたが、このDVDでも良い立ち回りが印象的です。

 ボーナスの1996年ライヴCD『いたるところにワイをぶちまけろ On met le Oaï partout』は未発表のものではなく、こういうジャケットで1996年にリリースされていたものですが、長い間廃盤になっていて、コレクター市場では30ユーロぐらいの値段で流通しているものです。サードアルバム『コマンド・ファダ』(1995年)の直後のライヴで、4人MC(ジャリ、タトゥー、リュックス、ガリ)にDJゴアタリ(ターンテーブル)とジャンヴィエ(キーボード)というフォーメーションです。なんとも若々しい。みんな30歳代で、ガリに至ってはまだ29歳だった頃ですから。「ラガ・バレティ」(マッシリアが作った言葉で、ラガマフィンによるオクシタン・ダンスパーティ)花盛りの時代で、忘れ去られたオック語/プロヴァンサル語が南仏地方の若者文化の中にぐぐ〜っと再導入されていったのは、こういう機会にマッシリアの歌やMCで若者たちが「自分たちの言葉」を取り戻したからなんでしょう。陽気でポジティヴでリズムに乗ったミリタンティスム、それを教えてくれたのはボブ・マーリーさ、とタトゥーは言うのです。マッシリアはこの地方の子たちに「アヨーリ!」というあいさつ言葉を定着させ、ポジティヴにマルセイユとその周辺を夢のオクシタニアに近づけていく、そういう元気が漲っていた時期ですね。今はどうか、と言いますと、マッシリア・サウンド・システム(1984年結成)活動歴27年、それなりに老いましたが、達者でなにょーり、新スタジオアルバムでそろそろ帰ってくる頃ではないでしょうか?

<<< トラックリスト >>>
DVD "LIVE E LIBERTAT"

1. LUX B
2. MASSILIA FAI AVVANS
3. RENDEZ-VOUS A MARSEILLE
4. DE LONGUE
5. TOUJOURS (ET TOUJOURS)
6. LO MICRO ES ROMPUT
7. OAI E LIBERTAT
8. AU MARCHE DU SOLEIL
9. A L'AGONIE
10. DIMANCHE AUX GOUDES
11. LAISSA NOS PASSAR
CD "ON MET LE OAI PARTOUT"
1. CA PART DE LA...
2. COMMANDO FADA
3. LO REGGAE ES MON COMPANH
4. CHOURMO !
5. CONNAIS-TU CES MECS? / MISE EN EXAMEN
6. DEGUN NI PERSONNE
7. BUS DE NUIT
8. LA MAIRE E LA FILHA
9. VIVE LE P.I.I.M.
10. GES D'EMBROLHA
11. M'EN FOTI
12. REGGAE FADOLI
13. LE SON DES RAGGAS / QUAND LE SOUND EST BON
14. STOP THE CONO
15. AQUO'S MASSILIA
16. LO OAI

MASSILIA SOUND SYSTEM "LIVE E LIBERTAT"
DVD+CD ADAM / WAGRAM 3239622
フランスでのリリース:2011年4月4日


(↓2011年3月31日マルセイユ『ライヴ&リベルタ』発表記念アペリティフ会)

Massilia Sound System - Apéro-écoute "Live &... par 2marsWebTV

0 件のコメント: