2007年12月18日火曜日

サンタが町にやってきた



 (←)こんな写真だとわからないでしょうかね...。
 この2月から8月にかけて,「わが人生で最も」とは言わないけれど,精神的にも肉体的にも金銭的にも極端にハードな日々を送っていたので,その頃は今年はクリスマスなんか来ないだろうと思っていました。9月になってほっと一息ついたので,その苦難の期間をずっと暖かく支えてくれた妻子にお礼がしたくて,世界最高のロック・コンサートをプレゼントしようと思ったのでした。チケット発売とほぼ同時にフナック・ドッココムにアクセスした甲斐があってかなり良い席が取れました。
 12月17日POSB(ベルシー室内総合運動場)外は零下の寒さです。中は中高年のものすごい熱気です。娘は自分と同じような歳の子供たちはもちろんのこと,いわゆる若い世代の人々がほとんどいないコンサート会場にやや不安を抱いておりました(これはジョニー・アリデイっぽいぞ,と)。タカコバー・ママはこの年齢層の観客であれば,最初から最後まで座って見れそう,とほっとしておりました。持ち込んだ双眼鏡でVIP席ゾーンを見てみて,ひょっとしてサルコジ&ブルーニも来ているのではと探してみましたが...。
 開演予定20時,実際の開始は20時40分。しかし23時近かった終了まで,ザ・ボスとその仲間たちは全知全能を使って私たちにヴァイブを放っていたのでありました。タカコバー・ママの予想は見事に外れて,第一曲め第一音から総立ちでした。そりゃ,そうだもの。ありがたや,ありがたや。世にもありがたいものがステージで大奮闘しているような図です。E・ストリート・バンド,ブルース・スプリングスティーン,恩寵の瞬間というのはこのことでしょう。これを見るだけでも生きていて良かったと思ってしまいました。娘は両腕を高く上げて踊って,わけもわからず歌詞を大声で唱和しているし,こんなことを普段しないタカコバー・ママが何度も私に抱きついてきました。ああ生きていて良かった。これを見たら,この瞬間を体験したら,また明日からも生きて行けるはずです。
 私たちにもクリスマスがやってきました。皆さんにもクリスマスがやってきますように。そしてザ・ボスは最後にこんなサンタ帽をかぶって『サンタが町にやってくる』をゴキゲンなロックンロールで歌ってくれました。私たちに世界最高のサンタクロースが降り立ってくれました。一体どういうやつなんだ,こいつは!

 

8 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ちょっと早いけどメリークリスマス!
読んでいて胸が熱くなりました。
サンタは誰のところにも平等に
やって来てくれるものなのです。
この年になっても、サンタの存在は
信じていたいです。ho ho ho!

さなえもん さんのコメント...

今のはさなえもんが書きましたよ。

Pere Castor さんのコメント...

ベルシー・ボークー。
今年はポルナレフのベルシー(3月だけど)に始まって、ブルース・スプリングスティーンのベルシーに終わる、そんな感じです。二つともすごいベルシーでした。
パパ・ノエルはフランスでは誰のところにでも来るのではなく、その年に良いことをした子供にしか来ません。さなえもんはその自覚がありますか?

かっち。 さんのコメント...

トップのシャンゼリゼの写真が凄く素敵です。
トリミング前の方が雨で地面が濡れているのに月が出ていて幻想度が高くて最高でした。

と、とりあえずここに書いておきます。良いものを見せてくれてありがとうございました。カストール翁にはいつも良いものを聴かせてもらったり見せてもらったり読ませてもらったりでお世話になりっぱなしです。翁の靴がプレゼントでいっぱいになりますように。

we_miss_omura さんのコメント...

私の敬愛する、ツ、いやカストール様!このBlogを発見して感激しております!お元気そうで何よりです!
感激のあまり勝手に私のBlogのブックマークに加えさせて頂きました~(^^;。

http://blog.goo.ne.jp/we_miss_omura

(万一ご迷惑であれば、即削除させて頂きますm( )m)

街の風は冷たくとも、ハートが熱いサンタさんはみんなの心に毎年そっと訪れてくれると信じています。メリークリスマス!

さなえもん さんのコメント...

サンタは昨日私のところに生八橋などの
プレゼントを持ってやって来てくれました。
嬉しかったです。

Pere Castor さんのコメント...

同志の皆さん
ごめんごめん。原稿地獄から這い出してきました。良いクリスマスを過ごされましたかな?わが家は1年に1回でいいから,キリスト様がこの世にいらっしゃったことを考えなければならない,と思っていて,娘と一緒に愛って何だろうね,とか,良いことって何だろうね,とかクリスマスには話すようにしていました。普段できないようなこういう話って,不思議にクリスマスだとできますよね。こういう日があることに感謝します。キリスト様の教えとは遠いところに位置するわが家3人も,この日には祝福し合います。私たちのような非キリスト者でも,多くの人たちにとっていつのまにか1年で最も楽しみな日になっているのはどうしてなのか考えたことがありますか?
かっち。君,God bless you.
さなえもん,八つ橋くれた京都の人,god bless your soul.
Omuraさん,you're blessed.

このブログに来てくれたすべての人たち,
On ira tous au paradis ! (meme moi!)

かっち。 さんのコメント...

せっかく翁がパパノエルになってくれたのに、お礼が遅くなって、ごめんなさい。ビーバーの絵がキュートでした。
24日にダニエル・コランのプティパパノエルを聴いて、クリスマスのミサのPAをやって仕事納めをしたら、風邪で発熱しました。最高38.3度Cであります。なんかヴァカンス中ッて病気が治りにくい印象があります。気合い不足かな。