2007年8月28日火曜日

クレイグ・ロビンソン



 『Rock en Seine』でもうひとつ楽しかったのはクレイグ・ロビンソンのイラストレーションが壁を飾っていたことでした。このイギリス人イラストレーターは、ポップスターなどの極小ピクセル似顔絵で有名になった人で、そのイラスト集『Minipops』は日々アーチスト数を増やしていっています。その概要は   http://www.flipflopflyin.com   でご覧になれます。
 『Rock en Seine』の壁では、その拡大版が展示されていたのですが、ストーンズ、ビートルズなどのビッグネームが単純ピクセル画で並んでいました。娘はジギー・スターダストの前で、私はルイーズ・チコーネの前でそれぞれ写真を撮りました。このゴルチエのコスチューム姿のルイーズ・チコーネですが、よくご覧下さい。ホクロひとつが値千金の決め手になってますよね。

2 件のコメント:

かっち。 さんのコメント...

おさしん拝見致しました。お元気そうで嬉しいです。後ろの人たちが、とてもフランス人らしいのも嬉しいけれども、それがわかるのは僕が日本にいるからなのは嬉しいやら悲しいやら。

ルイーズ・チコーネと紹介するなんて、いぢわる。僕みたいにソニックユースのファンならば、チコネは知っているけれど。マ×ンナとばらさないまでも、ヴェロニカの方が有名なのに。ところで、パトリック・ヘルナンデスはどこへ行ったのでしょう。

Pere Castor さんのコメント...

ソニック・ユースは今日8月29日に、JAZZ A LA VILETTEフェスティヴァルの開幕コンサートですね。
www.cite-musique.fr/francais/mini-sites/0709_jazz_villette/index.htm#