2010年6月30日水曜日

カバにするでない



チン・ナ・ナ・プーン『オーカバもん』
Chin Na Na Poun "Au Cabanon"


パトリック・ヴァイヤン(エレクトリック・マンドリン,メロディカ,ヴォーカル)
マニュ・テロン(ヴォーカル,パーカッション)
ダニエル・マラヴェルニュ(チューバ,バリトン,ヴォーカル)


Cabanon (カバノン)男性名詞 1.(やや古)小さな掘っ立て小屋。2.(プロヴァンス地方の海辺の)小別荘。3.(やや古)(刑務所の)独房;(狂人の)拘禁室。
 (大修館新スタンダード仏和辞典)

 なんていう意味を無化するように,裏ジャケットのイラストには買い物バッグ(= cabas カバ)に大きなバッテンをつけて,「カバ禁止」つまり「カバ=ノン」とダジャレています。このイラストによるダジャレは表ジャケットも同様で,ワイングラスがふたつというイラストの横に「Chin チン」(乾杯を意味する仏語慣用表現は Tchin-Tchin チンチン),男がまさに接吻せんとしている若い娘のイラストの横には「Na Na ナナ」(若い娘を意味する仏俗語は nana ナナ),そして一個のリンゴのイラストの横には「Poun プーン」(リンゴを意味する仏語は pomme ポム)というふうに,やや苦しくはありますが「チンチン」「ナナ」「ポム」というイラストで「チン・ナナ・プーン」と読ませようとしているのです。
 くだらないと言えばくだらない。怒る人は「カバにすな!」と反応するかもしれない。なんですが,一癖も二癖もあるこの人たちとつきあうというのは,この冗談ともつきあわないと全然楽しめないのですよ。
 南仏モンペリエのチューバ吹き,ダニエル・マラヴェルニュ,南仏ニースのマンドリン弾き,パトリック・ヴァイヤン(メロニウス・クワルテット),南仏マルセイユの超ヴォーカリスト,マニュ・テロン(ルー・クワール・デ・ラ・プラーノ)による,冗談込みの実験的オクシタントリオです。チン・ナナ・プーンは2006年にDaquiレーベルからマルセイユのオック語詩人/作詞作曲家ヴィクトール・ジェリュへのオマージュ・アルバムを発表しています。
 それぞれの分野でクセのある手法で音楽に取り組んできた3人だけあって,クセとクセが激突したりズレたりすることもあるのですが,そのスリリングな関係を和声的に統率しているのは,パトリック・ヴァイヤンの編曲の妙のように思います。高音域の弦楽器がチンと鳴り,低音域の金管楽器がプーンと響き,その真ん中でマニュのヴォーカルが「ナナナ...」と陽気なイタリア人のように歌い上げますが,時々3人がハチャメチャになって乱闘的インタープレイをするというのが,このトリオの文殊の知恵です。
 レパートリーはイタリア民謡,イタリア抵抗歌,オック語シャンソン,ポール・ヴェルレーヌ詩/ガブリエル・フォーレ作曲の「牢獄」,ブールヴィルの歌で知られるミュゼット・シャンソンのスタンダード「C'était bien - Le petit bal perdu」,ボリズ・ヴィアン作の「原子爆弾のジャヴァ」など。表題曲の「オー・カバノン」はマニュ・テロン作詞/パトリック・ヴァイヤン作曲のオック語曲ですが,TGVが通ったせいで,パリ圏から大挙してマルセイユに押し寄せてきた中央の成金どもが,カバノン(この場合はプロヴァンス地方の海辺の小別荘の意味)の売買によってマルセイユの不動産利権を掌握し,政界を巻き込んで,力づくでもともとのマルセイユ人たちを追い出し,自分たちの好き勝手できる町に変えてしまった,というプロテスト・ソング。マルセイユをカバにするでない,と怒っているのです。

<<< トラックリスト >>>
1. VURRIA FARI UN PALAGGU (ROSA BALISTRELI)
2. C'ETAIT BIEN - LE PETIT BAL PERDU (R.NYEL/G.VERLOR)
3. AU CABANON (M.THERON / BIBAL, P.VAILLANT)
4. ROCIO (RAFAEL DE LEON / MANUEL QUIROGA)
5. JAN TRESPASSA (GELLU/P.VAILLANT)
6. CANNETELLA (annonyme)
7. LUNITA NUEVA (BOBBY CAPO)
8. PRISON (PAUL VERLAINE/GABRIEL FAURE)
9. LA JAVA DES BOMBES ATOMIQUES (BORIS VIAN / ALAIN GORAGUER)

CHIN NA NA POUN "AU CABANON"
BUDA MUSIQUE CD 860190
フランスでのリリース:2010年7月


(↓)2010年4月29日マルセイユのシテ・ド・ラ・ミュージックでのアルバムお披露目コンサート

0 件のコメント: